Sparkling Sparrow

æē€æœˆđŸŒ•

 

æē€æœˆã˜ã‚ƒãĒくãĻもæ—Ĩ々įŖぎåŋƒã‚’åŋ˜ã‚ŒãĒい゚パロãƒŧです。

äģŠå›žãŽæē€æœˆã¯å°‘しかけたæē€æœˆã§åŠåŊąæœˆéŖŸã¨ã„うそう。

į§ãŽå‹äēē曰く「æē€æœˆãŽæ—Ĩã¯ã‚„ãŸã‚‰ãŠč…šãŒæ¸›ãŖãĻéŖŸãšã‚‚éŖŸãšãĻもéŖŸæŦ˛ãŒæē€ãŸã•ã‚ŒãĒい」らしいです。

į§ã‚‚いつもäģĨ上ãĢせãŖã‹ãĄãĢãĒりぞす。

éŖŸæŦ˛ãŽåĸ—減ãƒģäŊ“ぎむくãŋãƒģ気分がčŊãĄčžŧむãĒお晎æŽĩと違う感čĻšã‚’持つäēēが多いですよね。å‡ēį”ŖįŽ‡ãŒéĢ˜ããĒるという意čĻ‹ã‚‚あるようです。

厇厙įš„ãĒäē‹ãŖãĻあぞりãĢもåŖŽå¤§ã™ãŽãĻ、č‡Ē分とぎé–ĸわりをčĻ‹å‡ēしãĨらいですが、原際はæŊŽãŽæē€ãĄåŧ•ãã‚’はじめ、少ãĒからずį§ãŸãĄã¯æœˆãĒおからぎåŊąéŸŋを受けãĻį”Ÿæ´ģしãĻいると思いぞす。

そういえばåšŧい頃は厇厙ぎ外側ãŖãĻäŊ•ãŒã‚ã‚‹ã‚“ã ã‚ã†ã¨č€ƒãˆãĻいぞした。äŊ•ã‚‚į„Ąã„とか、åģļ々とゎãƒŖãƒŠã‚¯ã‚ˇãƒŧがįļšã„ãĻいくとかâ€Ļã§ã‚‚â€œãƒĄãƒŗãƒģイãƒŗãƒģブナック”ぎエãƒŗデã‚ŖãƒŗグをčĻŗた時「きãŖとこうãĒãŖãĻいるんだãŖīŧã€ã¨å¤§į´åž—しぞした。というぎもå­Ļį”ŸãŽæ™‚ãĢ受けた厇厙å­Ļぎクナ゚ぎ教授は、エイãƒĒã‚ĸãƒŗぎ存在をäŋĄã˜ãĻいるとãŖãĻもãƒĻニãƒŧクãĒäēēで、いつもエイãƒĒã‚ĸãƒŗ柄ぎTã‚ˇãƒŖツをį€ãĻ小柄ãĒäŊ“からエネãƒĢã‚Žãƒŧ一杯ぎčŦ›įžŠã‚’ãļãĄãžã‘ãĻくれãĻいぞした。おうせæ­Ŗč§ŖãĒんãĻåŊ“分čĒ°ãĢもわからãĒいãĒらæĨŊしいäē‹ã‚’æƒŗ像しãĻいたいです。

æē€æœˆãŽæ—Ĩといえば、パワãƒŧ゚トãƒŧãƒŗを月光æĩ´ã•ã›ãŸã‚Šã€ãŠč˛Ąå¸ƒã‚’įŠēãĢしãĻフãƒĒフãƒĒしたり、おįĨˆã‚Šã—ãŸã‚Šã¨č‰˛ã€…ã¨ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã‚ˆã†ã§ã™ãŒã€ã‚ēボナãĒį§ã¯ã„ã¤ã‚‚č˛Ąå¸ƒã‚’įŠēãĢせずフãƒĒフãƒĒしãĻおįĨˆã‚Šã‚’しãĻいぞすâ€ĻこんãĒんじゃ駄į›Žã§ã™ã‹ã­ã‡â€ĻäģŠå›žã¯įŠēãĢしãĻãŋようかしら。