読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Sparkling Sparrow

距離

レストランのカウンターで、「ここはパリっ(行ったこと無いけど)☕」と妄想しながら1人でご飯を食べるのが好きです、スパローです。


人から「あーしろ、こーした方がいい」と言ってもらえる事はありがたいことなのだとやっと最近気づきました。

そして「それはこの人の意見なんだ」と自分と切り離して考えられるようになりました。

以前は言われたことに同意してしまうが最後、それを行動に移さなければならないと思っていたので、その都度その意見は受け入れられないと必死になって突っぱねていました。

「そういう考えもあるんだなぁ〜」と一歩引いて考えられず、「もぉっ、いつもいつも自分の意見を押し付けてきて!自分がどれだけ正しいと思ってんの!!うるさーーいっ!!」と思っていました…。
苦言を呈してくれる人は貴重ですよね。年々そのようなありがたい人が減っていきます。自分の事を真剣に思ってくれているからこその正直な意見、耳当たりの良くないことをわざわざ言ってくれるありがたい存在です。

私にとってのこういう貴重な方は少々どぎつい毒舌でもありお会いした後は心身ともに疲れます…、半年に一回会うくらいのペースでいいかなぁ〜と思ったり。

人との距離のとり方って重要ですよね。

その距離次第で関係は良くも悪くもなると思います。

学生のように同じ友達と毎日会って話す機会って大人になるとなくなるので、自ずとその距離のとり方は自分の力量に委ねられます。

同じ人でも楽しい時と疲れる時があります。自分や相手のコンディションが関係しているのかもしれないけれど、7割ぐらい疲れたり気分の悪い思いをするなら会わなくてもいいのかも…。

例えば、会っている間中誰かの悪口や愚痴を言い続ける人と過ごすと、こちらが心身ともに疲弊してしまいます。悪口と愚痴には負のエネルギーが半端なく発せられている気がします。たまに言うのは楽しいネタになる場合もありますが、さすがに延々とは聞いていられません。

自分の時間・お金・エネルギーを使ってまで疲れに行くなんて馬鹿げている、とこれを書きながら自分自身に言い聞かせています。

まだまだ私も寂しさを紛らわせるように疲れに行くことがあるもので…。

 

後、会う時間もちょっと工夫すれば楽になることも。

女性同士は近況報告や話したいことがなくなるととかく悪口と愚痴大会になりがちなので、長居はせずにさくっと2時間位で切り上げるのが私は丁度いい感じです。

子連れの友達と会う時も、長くなると付き合わされている子供がかわいそうだし短時間で切り上げたほうがいいですよね。

 少々人から付き合いが悪いと思われても、自分のペースを守るのも大切だと思います。

 

老後は毎日会って、昔話や他愛もない話が出来るお茶飲み友達がいたらいいなぁ🍵

皆さんは友達との距離をどんなふうに工夫していますか?